ページ

2017年3月24日金曜日

図書館講習会4/7,4/12「富山ビギナー講座2017」を開催します

昨年に続き、今年も「富山ビギナー講座」を開催します。

事前申し込み不要です。
当日に医薬学図書館または中央図書館にお集まりください。
-----------------------------------------------------------------------------------------------

富山県でひとり暮らしをはじめた皆様のためのオリエンテーション講座です。
特に以下のような方、あなたの助けになるかもしれません。

※ 富山弁で、何を言っているのかわからないことがある
※ 休みの日にどこで遊んだらいいのかわからない
※ はじめての雪国なのでどう冬に備えたらよいかわからない
※ 実は周りの富山県民の行動がおかしいと思っている
その疑問、解決いたします。
もちろん、地元富山県の学生さんの参加もOKです。

来場者には記念グッズをプレゼントします。
お気軽にどうぞ!
              記
 
〇杉谷キャンパス
 
開催日程:平成29年4月7日(金) 12:25-12:55 
開催場所:医薬学図書館(杉谷キャンパス)2階
講師:富山県立図書館 竹内 洋介 主任司書


〇五福キャンパス
 
開催日程:平成29年4月12日(水) 12:10-12:45 
開催場所:中央図書館(五福キャンパス)2階
講師:富山県立図書館 竹内 洋介 主任司書

共催:富山大学中央図書館・富山県立図書館
 
 

2017年3月15日水曜日

OPAC, My Library などの停止

総合情報基盤センターのネットワーク機器更改に伴い,

  • 2017年3月16日(木)21時~22時30分
  • 2017年3月22日(水)21時~24時
  • 2017年3月27日(月)21時~21時30分

これらの時間帯に,以下のものがご利用いただけなくなります

  • OPAC
  • My Libary
  • 利用者用PC(医薬学図書館内設置のもの)
  • 自動貸出返却装置(医薬学図書館内設置のもの)

皆様方にはご迷惑をおかけしますが,何卒ご了承ください
作業の進捗状況によっては,これらの時間帯が短縮または延長されることがありますので併せてご了承ください
なお,富山大学学術情報リポジトリ:ToRepoは停止いたしませんので通常通りご利用ください

2017年2月22日水曜日

企画展示「富山が舞台・ロケ地・ゆかりの作品たち」開催中です!

中央図書館1階 らせん階段横の企画展示コーナーにて
企画展示「富山が舞台・ロケ地・ゆかりの作品たち」を開催中です。

折角の春休み。
長い休みを利用して,小説や映画の舞台・ロケ地になった
富山のスポットをめぐりませんか?

「ロカルちゃ!」(富山県観光・地域振興局観光課発行)もぜひご利用ください。

企画展示「日本と世界」開催中です!

中央図書館1階 らせん階段横の企画展示コーナーにて
企画展示「日本と世界」を開催しています。

アメリカ大統領に就任したトランプ氏に関する本や,
世界を知るための基礎知識の本など,
日本と世界の関係を考えさせられる本を集めました。

ぜひご利用ください!


【終了】3/8~3/13 リポジトリシステムリプレイスに伴う利用停止のお知らせ



【終了】おかげさまをもちまして,以下の作業は滞りなく無事終了いたしました。ご協力ありがとうございました。


富山大学学術情報リポジトリ「ToRepo(トリポ)」(https://toyama.repo.nii.ac.jp/)は、システムリプレイスに伴い、下記の期間ご利用いただけません。

停止期間: 2017年3月8日(水)~2017年3月13日(月)

 

2017年2月17日金曜日

【終了】3/8(研究者・図書館員向け)FDセミナー「図書館を活用したアクティブ・ラーニング:情報リテラシー教育の課題」を開催します

 中央教育審議会答申(平成20 年)では、3 つの方針(アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシー)の策定により、各大学の教育の個性化・特色化と学士像の明確化を求めており、これに合わせて各大学では多様な教育改革に取り組んでいる。答申では学士力の要素として情報リテラシーを明示するなど、情報リテラシーの育成に関しても、教育改革の一環として取り組むことが期待されている。
 大学図書館では、情報リテラシーを「情報のニーズを認識し、ニーズに適合する情報を効率的に発見・評価・利用する能力」(アメリカ研究大学図書館協会)とする理解が一般的である。ここでいう情報とはコンピュータリテラシーやインターネットリテラシーとして言及される情報をも包含する幅広い概念で、主に各学問分野の学術情報を核とする情報それ自体を指している。
 このような理解の下、北米を始めとして、図書館員が教員と連携して情報リテラシー教育を企画したり実施したりする大学も多く見られる。今後、学生の自主的・能動的な学修態度を育成するために、図書館をひとつの情報資源と位置づけ、図書館資料を含む多様な学術情報を活用するリテラシーを育成することが重要な課題となっている。
 本FD セミナーでは、「授業(教員)と図書館との連携による情報リテラシー教育」を研究課題とし、海外の事例をフィールドワークしながら、自ら実践もしておられる三重大学の長澤先生をお招きして、学士力の育成方法を情報リテラシーの観点から実践的に学ぶ機会を提供する。教員と図書館が連携した情報リテラシー教育のあり方、アクティブ・ラーニングの実践に興味・関心のある研究者、図書館員のご参加をお待ちしています。

対  象 : 大学教員、図書館職員

日  時 : 平成29年3月8日(水)13時30分~17時

場  所 : 富山大学中央図書館2階プレゼンテーション・ゾーン
    http://www.lib.u-toyama.ac.jp/chuo/contact.html#contact_2

プログラム: 
 13:00 受付開始
 13:30 オープニング 趣旨説明 村上図書館情報課長
 13:40 基調講演「図書館を活用したアクティブ・ラーニングの実践」
      講師 長澤多代准教授(三重大学)
 15:00 休憩
 15:15 事例報告「富山大学中央図書館の情報リテラシー教育」
 15:30 事例報告「富山大学医薬学図書館の情報リテラシー教育」
 15:45 グループ・ディスカッションと発表
     講師 長澤多代准教授(三重大学)
     ① 富山大学(附属図書館)における情報リテラシー教育の課題
     ② 課題を解決するための方策
 16:45 クロージング 本日のまとめ 内島学術情報部長

参 加 費  : 無料

参加申込方法:
   「お名前」「ご所属」「メールアドレス」「情報交換会出欠」を
   3 月1 日(水)までに参加申込先までご連絡ください。
   なお、ご参加いただける場合は特段のご連絡はいたしません。

後   援   : 富山県図書館協会 国立大学図書館協会東海・北陸地区協会

そ の 他 : セミナー終了後に希望者による情報交換会
       (18:00~20:00 の予定、要参加費)を行います。

本件問合せ先・参加申込先 :
      富山大学附属図書館 図書館情報課(担当:松島、村上)
        jlib(at)adm.u-toyama.ac.jp
          (at)を@に置きかえてください)
        電話:076-445-6895 FAX:076-445-6902


2017年2月6日月曜日

春季休業期間中、3~6階の空調を停止します

 地球温暖化防止および省エネルギーに資するため、春季休業期間中3~6階の暖房を停止します。学習には1~2階の座席をご利用ください。
 また、1~2階の室温を保つため、階段通路を閉鎖します。3~6階の資料等をご利用の方は、エレベーターをお使いください。